2010年09月25日

負けないための戦術 - 野戦編

いつも見ていただいてありがとうございます。
そろそろCC-Caveも一段落しそうなので、戦術的なことを書いてみようと思います。

基本的に私は2つのユニットを使いました。
1つは前から紹介していたノルド精鋭長弓兵、
もうひとつはベージャーのレッドコート(銃剣戦列歩兵)です。
CC-Caveでは馬は簡単に死んでしまうので使いませんでした。
ちなみにBattleSizeは300です。

さて、今回は野戦についてですが、ノルド精鋭長弓兵のみで戦います。
1.開戦時の判断
まずマップに降り立ったら、その場から射線の確保が可能かを確認します。
理想的なのはこの絵のように、スタート時から相手が視認できる状態です。


この状態であれば、Mapを使い、騎馬突撃が来るかを判断します。
全体的に騎馬の構成で突撃された場合、確実に死者が出るため、即一時撤退します。
3〜4体程度でしたら弓で削りつつプレイヤー自身も潰しに行くなどして対応します。
また、射線が上手く取れない場合、高台を探して移動しますが、その場合撤退する手もあります。

撤退は明確に押されてからするのでは遅く
・再突撃すると仕切りなおしになること
・マップが変わること
・相手の行軍もそれに合わせて変化すること
その3点のために有利なうちに行います。


相手との間隔が近いマップになった場合、突っ込んでくる可能性が高いです。
しかし、Tabキーから撤退をし、再度突入した場合、広いマップに変わる場合があります。
その場合、敵の行軍は穏やかになり、弓で潰す時間が作れます。



2.増援への対応
基本的に盾持ちだろうが削り倒せるので、大抵第一陣は接近途中に撤退していきます。
ここで増援がある場合、基本的に突っ込んでくるので、少しでも被害を減らしたい場合は撤退します。
NPCの矢も有限なので、撃ちつくしてナイフに持ち替えてるのが見え始めた場合も、撤退のタイミングです。


継続して戦闘する計画の場合は、最初の行軍時に「隅で戦うように」移動します。


こうすることで、撤退する敵がすぐにMapから消えるため、
陣形を半回転させるようなことを防ぐことができ、次の敵(増援)へのシフトが早まります。

プレイヤーは基本的に見てるだけですが、増援に馬などがいる場合は陽動に行ってもいいと思います。
銃で撃ち落すの気持ちいいですからねw


とりあえずこんな感じで、3倍戦力差くらいなら僅かな損失で切り抜けることが出来ます。
posted by TAKA at 05:51| Comment(0) | Mount & Blade | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。